fb.    in.    be.    pt.

Image Alt

商品一覧

No.5191

手ぬぐい「両子持ち縞(青)」

¥1,100 (税込)


説明

手ぬぐい「両子持ち縞(青)」 原画:影山のり子

縞の織物は、16、17世紀頃に中国や南方から渡来し、「間道(かんとう)」と呼ばれ珍重されました。江戸時代に国内での生産が始まると、町人たちに好まれて大流行、さまざまな縞柄が生まれました。
太い線の両側に細い線を沿わせた「両子持ち縞」もその1つです。エンジと黄色のパキッとした色合いの縞文様からは、江戸の粋が感じられます。日常使いやハンドメイドの材料、ラッピングにも使いやすい、シンプルで美しい文様です。

サイズ:90×35cm
綿100% 日本製

Tenugui “Ryokomochi Stripe”

Textiles with a stripe pattern were first brought from China and South Asian countries around the 16th or 17th century. After the production began in Japan in the Edo period, various stripe patterns were created and became popular among the townspeople. One of them is called Ryokomochi stripe, consisting of one thick central line with one thin line on each side, derived from the word Ryokomochi meaning mother having one child on each side.

The blue and yellow stripe pattern represents the chic of Edo.

We recommend it for everyday use as a handkerchief, as a material for masks, and for wrapping.

Size:90×35cm
100% Cotton Made in Japan

    内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

    お問い合わせの内容(選択)

    どのようにして当サイトを知りましたか?(選択)必須