fb.    in.    be.    pt.

Image Alt

商品一覧

No.8444

手ぬぐい「疋田(山吹・支子)」

¥1,100 (税込)


説明

手ぬぐい「疋田(山吹・支子)」 江戸小紋

日本の伝統的な絞り染め「疋田絞り」柄を手ぬぐいにしました。「鹿の子絞り」は、布を糸で小さく絞ってその部分に色染まらないようにした文様で、鹿の斑点に似ていることから名付けられました。振袖など華やかな着物でよく見られ、手間のかかる細かい絞り染めです。

鹿の子絞りをより手軽で安価に表現するために、鹿の子そのものを絵柄として表す疋田文様が生まれました。江戸の人々の美意識と創意工夫によります。

「支子(くちなし)」色とは、赤みがかった黄色で歴史に登場し始めたのは平安時代から。古今和歌集などにも出てきた日本の伝統色です。染料や薬料として用いられ古くから日本人に親しまれてきました。日常の手ぬぐいとしてだけではなく、着物の半襟代わりやスカーフ、ハンドメイドの材料として使うのも素敵です。

 

サイズ:90×35cm
綿100% 日本製

Tenugui “Hitta-Kanoko Pattern(Kuchinashi-yellow)”

This is a tenugui with a pattern of Hikita-shibori, one of the traditional Japanese tie-dyeing techniques. “Kanoko-shibori” is a pattern in which the cloth is squeezed into small pieces with thread so that the colors do not bleed into those areas, and is named after its resemblance to the spots of a deer. It is often seen in gorgeous kimonos such as furisode (long-sleeved kimono).In order to express “Kanoko-shibori” more easily and inexpensively, the “Hikita” pattern was created to express the pattern itself as a design. This is due to the aesthetic sense and ingenuity of the people of the Edo period.

“Kuchinashi color” is a reddish yellow color that first appeared in history in the Heian period (794-1185). It is a traditional Japanese color that has been mentioned in the Kokin Waka Shu. It has been used as a dye and medicine, and has been familiar to the Japanese people since ancient times. It can be used not only as a daily tenugui, but also as a neckpiece for the kimono, a scarf, or as a material for handmade goods.

 

Size:90×35cm
100% Cotton Made in Japan

    内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

    お問い合わせの内容(選択)

    どのようにして当サイトを知りましたか?(選択)必須