No.

絵てぬぐい「大黒鼠」

大城戸建雄 ¥0

「大根を食う」は「大黒様」につながり、縁起の良い絵柄として江戸時代に人気があった図柄。鼠は大黒様のお使いとして知られ、とくにシロネズミは白色が吉兆とされ、大黒鼠と呼ばれた。また、鼠は多産なので、子孫繁栄の象徴ともされる。

Art Tenugui "Chinese Zodiac “Daikoku Rat”"

This pattern was a favorite motif in the Edo period. White rats were regarded as a messenger of Daikoku God, God of wealth, commerce and trade. A rat represents prosperity from its fertility.