藍染めの魅力

麻の葉の絵てぬぐいには徳島県で染めた「阿波藍染め手ぬぐい」があります。

麻の葉の「藍染め手ぬぐい」

 

藍の染料で染められた手ぬぐいには、藍の色の深み、
そして手に取ると天然染料ならではの優しい肌触りが広がります。

 

今回はそんな「藍染め手ぬぐい」の魅力についてご紹介します。

 

 

藍染め染料の材料は「タデ藍」。

タデ藍

タデ藍は、江戸時代に阿波藩でさかんに生産され、
今でも徳島県は日本で最大のタデ藍の産地です。

タデ藍が染料になるまでの道のりは長く、
刈り取ったタデの葉を細かく刻んだ後は天日干しをし、
むしろで保管をした後、水を打っては混ぜることを繰り返すことで
染料液(すくも)が出来上がります。

 

「藍」は最古の染料と言われ、その歴史は
紀元前3000年までさかのぼると言われています。

藍染め手仕事

 

時代によっては染料としてだけではなく
「解毒」や「止血」の効能をもつ薬の役割も果たしていました。

 

藍染めされた手ぬぐいには「消臭」「虫よけ」の効果があります。
天然の染料は肌にも優しく、肌のデリケートな方や
赤ちゃんの肌を包むのにも適しています。

麻の葉の「藍染め手ぬぐい」

 

藍染めが表す藍色は「JAPAN BLUE」と呼ばれ、
日本だけでなく海外でも多くのファンを魅了しています。
日本の自然が生み出すこの美しい色は、深さや奥ゆかしさを感じさせ、
それはまさに日本文化そのものを表しているのでしょう。

 

藍染め染料は「生きている染料」と言われ、
5年10年と歳月を経るごとに生地にその色が定着し、色に深みが出てきます。
藍染め手ぬぐいを長くお使いいただくことで、
その魅力を年を刻みながらお楽しみいただければ幸いです。

麻の葉の「藍染め手ぬぐい」

 

麻の葉の藍染めてぬぐいは徳島の藍染め作家の原田史朗さんが
工房で自ら藍をたて手染めしたもので、美しいデザインが
藍染めの魅力を何倍にも生かされた作品になってます。

SONY DSC

 

ぜひお手に取って、藍染めの魅力をご堪能ください。

 

藍染め手ぬぐいシリーズはこちらのページからご覧いただけます。
藍染め手ぬぐい商品一覧ページ

藍染めの魅力