麻布十番 納涼まつり 2018

麻布十番では8月25日・26日にかけて納涼まつりが開催されています!

納涼まつりのポスターデザインを手掛けるのは、イラストレーターとしても名高い
宇野亜喜良さんが毎年描き下ろしております。

 

 

そして納涼まつりに合わせて麻布十番 麻の葉では、
当日お買い上げいただいた絵てぬぐいに通常1,404円(税込)かかる名入れを
無料でお受けいたします!!!

 

 

麻布十番に来た記念に、友人や家族へのプレゼントに。
世界で1枚だけの名入れ手ぬぐいをぜひこの機会に作ってみませんか?

名入れ手ぬぐい

 

 

お祭り当日はたくさんの露店やお囃子などで商店街が大にぎわいになります!

 

 

店内には浴衣姿のお客様も♪

お祭りは15時から21時まで。
名入れをじっくりと決めたい方は人混みの少ない午前中のご来店がおすすめです!

また、今回予定が合わなかった!というお客様も10月8日(月・祝)十番の日も
名入れ無料となりますのでぜひお越しくださいませ!

カテゴリー:

福岡・絵てぬぐい展でのお客様のお声

こんにちは!絵てぬぐいの麻布十番 麻の葉です。

福岡MARUZENギャラリーでの夏のイベント「江戸の粋・絵てぬぐい展」も無事終了いたしました。

 

 

今年も多くの方にご来場いただき楽しい出会いがありました。

 

 

また、会場でお客様の声も寄せていただきました。
有難うございました。また、来年も楽しみにしております。お客様のお声をご紹介します。

 

 

「たくさんの手ぬぐいがあって、とても楽しかったです。型紙も初めて見ました!これを使って色をつけているのだと思うとワクワクします。」

 

「型紙はじめてみました!とても興味深かったです。てぬぐいも額に入れて飾ると素敵だなと思いました。色々なてぬぐいがあって楽しかったです。」

 

「てぬぐいで作る、子ども用のじんべいがかわいかったです。がんばって作ってみようと思います。」

 

「型紙、初めて見ました。珍しいものがたくさんあって楽しかったです。」

 

「無地染めの”赤”色と”緑”色はあるんですか?」

 →ございますが、別注文で1反単位での販売になります

 

「普段手ぬぐいは使わないですが、かわいくてキレイな柄がたくさんあり、集めたくなりました!贈り物としても喜んでもらえそうです。」

 

「2~3年前に購入した手ぬぐい、使い込むうちにどんどんやわらかくなっていき、使っていて気持ちいいです。」

 

「毎年楽しみに来ております。もっと古典柄があったらと思います。」

 →もっと増やそうと思っています

 

「目福です。毎年ありがとうございます。」

 

「型紙初めて見ました、すごい!私にもできるだろうか?と思いたくなる作品でした。」

 

「手ぬぐい可愛いです!猫や犬の他にも動物柄がもっと増えるといいなあと思いました!クマとかライオンとか。」

 →クマとかライオンも考えてみますね

 

「パン柄とかないんですか?」

 →今は無いですが、考えてみます

 

「ハンカチの種類をもっと増やして欲しいです!」

 →季節に応じて増やしております

 

「猫モチーフや歌舞伎モチーフの絵手ぬぐいがかわいいなと思いました!」

 

「染めている映像なんかも見てみたいです。」

 

 

沢山の感想、ご意見をありがとうございました。来年、またお会いしましょう!

カテゴリー:

泥染めの魅力

こんにちは!絵てぬぐいの麻布十番 麻の葉です。


ベトナム/ホーチミンから休暇で一時帰国された折に麻の葉にお寄りくださったお客様が、その際にお求めいただいた「奄美大島泥染めタペストリー」をお部屋に飾った画像を送ってくださいました。

タイでご購入されたという藍染のクッションと調和してお部屋に何とも静かで落ち着いた時が流れているのを画像からも感じられます。

日本の、世界の伝統工芸を生活の中で楽しんでいらっしゃるのを本当に嬉しく思った一瞬です。

 

当店で販売している泥染めのタペストリーや手ぬぐいは奄美大島で染められています。

島の土壌で育った「テーチ木」で染めてタンニンを糸に付着させ、さらに泥田で染めていきます。

 

テーチ木染めと泥田での染めを3~4回繰り返すことで、深みのある泥染め独特の黒褐色に染めあがります。

 

 

麻の葉ではこのようにして染められたオリジナルの泥染め手ぬぐいを販売しております。

直営店とオンラインショップでご購入いただけます。

オンラインショップはこちらから・・・「泥染め手ぬぐい」のページ

 

天然の染料と職人による技から生み出される伝統工芸品の泥染めを、どうぞお楽しみください。

カテゴリー: